ChickenにおけるFFI

進捗報告

  • 描画周りの整備を開始・・・するも音の再生に比べるとやることが多いのでAPIを考え中
  • 3Dはそんなに想定していないので、ひとまず2D描画をひとしきりそろえる所から始めたい予定

FFI

使いたいライブラリでネイティブに提供されているものは、
おおよそC言語向けのAPIのみ公開しているものが大半です。

そういった外部の言語によって書かれたライブラリを取り込む機能がFFIで、
Chicken Schemeの場合、C/C++向けにサポートされています。

しかし、これまたChicken Schemeコンパイラの特性上、
インタプリタ上でのFFIの機能は制限されているため、
FFIを利用したコードは隔離しておかないと修正のたびにコンパイルが必要になってしまいます。

そこで、低レベル層のなかでも特にFFI部分とそうでない部分を切り分けて、
極力FFI依存の部分のみでコンパイルするようにコードを整理中です。

来週あたりには、基本的な2D描画を仮実装してゲームの根幹部分に手を出し始めたいですね。