fluxusに触れてみました

Live coding環境の勉強にfluxusに触れてみました.
Racketベースで実装されています.

インストール

(fluxus)

公式サイトのdownloadページにバイナリバージョンがあります.
macならdmg, windowsならzipでダウンロードできるので,
ローカルに解凍してそのまま利用できます.

はじめに覚える操作

とりあえずアプリを起動してみます.

f:id:bis83gb:20150906105918p:plain

fluxusが開始すると, はじめはREPL画面が出ます.

f:id:bis83gb:20150906105959p:plain

ここで思い思いに式を書いて評価することが出来ます.
アプリを終了したいときも,

(exit)

を評価することで終了することが出来ます.

fluxusにはREPL以外に1-9番のworkspaceがあり,
実行/編集したいソースコードを読み込んで作業することが出来ます.

workspaceとREPLの移動はショートカットキーで行います.
例えば, ctrl+9 とすると9番のworkspaceに移動します.
(ctrl+0 でREPLにいつでも戻ることができます)

f:id:bis83gb:20150906110009p:plain

試しに適当なworkspaceに移動すると,
真っさらな状態になっています. (黄色いのがカーソルです)

まずはfluxusに同梱されているexamplesを動かしてみます.

workspace上で ctrl+l を入力するとLoad script画面に移ります.

f:id:bis83gb:20150906110131p:plain

ここから選択した任意のSchemeコードをworkspaceに読み込むことが出来ます.

スクリプトの読み込みが完了すると,
workspace上にソースコードが表示されます.
このままテキストエディタのように編集を進めていくことが出来ます.

f:id:bis83gb:20150906112528p:plain

ctrl+e で現在のworkspaceのスクリプトを評価することが出来ます.
結果は画面に即座に反映されるので,
編集 → 確認 を手早く進めることが出来ます.

f:id:bis83gb:20150906110026p:plain

デフォルトでマウスでカメラ操作が出来るので,
3Dレンダリングのプレビューの際には活用出来ます.

workspaceやREPLの表示は ctrl+h で表示/非表示をトグル出来ます.
また, ctrl+f でフルスクリーン, ctrl+w でウィンドウモードに切り替え可能です.

次にやること

ドキュメントが付属しています.

前半はSchemeの解説, 後半はfluxusの各操作の解説になっているので,
Schemeを触ったことがない人でも,
一通り手順を進めれば使い方を身に付けることが出来そうです.